awase

awase
ウインザーチェアをベースにできるだけシンプルで軽快な印象を探求。
柔らかい曲線をもつ特徴的な背はやや高めにし、空間との調和を意識しました。
合せるファブリックは、着せ替えやすく、インテリアをより楽しめる家具に、西と東の文化慣習が合わさり、今までのものに新しい価値が合わさり、二つ以上のものを一つにする「合わせ」という考え方を、今とこれからの暮らし方に取り入れたいと考えました。

RECOMMEND ITEMS

  • 飛騨産業 SEOTO
    資材感の伝わる削り出されたディテール、技が生み出す個性的なフォルムが特徴です。
  • 森のことば
    表情豊かな「節」を主役とした家具づくり。木の個性を生かした魅力的なフォルム。
  • ブロッサムソファワンアームカウチ
    上質なくつろぎを追求したリビングの主役で、低く奥行きを持たせた座面が特徴のワイドなソファです。